忍者ブログ

管理人 1946UL乗り。 ハーレーに乗り続け10年あまり。 レザークラフト、アメリカン雑貨、嫁を愛し続ける此処小田原での出来事を紹介。 のんびり見てね~・・・・・。
08 2017/09 1 23 4 5 6 7 8 910 11 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30 10

07.14.00:48

ちょっとこだわってみましたシリーズ第1弾!!

旧新エンブレム
雨が続きます。なんか体からコケが湧きそうなほどジメジメ。
これでなおかつ仕事場の人間関係がジメジメしてたら、チョ~サイアク。

こんな日は元気よく行きましょう!!!!!

ということで、ちょっとマニアな世界へようこそ。

今回は「ちょっとこだわってみましたシリーズ第一弾、ブタでも解かる1940~1946年まで使用してたタンクエンブレムのreproモデルと純正モデルと徹底解剖!!!!!」

上記写真は2組のエンブレム。

reproエンブレム。旧エンブレム。

続きをどうぞ→





d08071c3.JPG017.JPG







左が当時の純正。右がrepro。

プレスの深さが全然違いますね・・・・・・。Rの中の浮の大きさまでも・・・・・・。

一回り純正は小さく見えます。




027.JPG028.JPG







左が純正。右がrepro

DとAの距離も違います。文字はやはり純正がはっきりくっきり。

純正は文字の角が鋭いくみえる。




026.JPG
025.JPG







フロントとリアの部分。

絞り方が全然違う。メリハリが多いのが純正。

ヌメ~としてるのが、repro。




021.JPG
022.JPG







左が純正。右がrepro。の裏側のプレス。

説明はいりません。まったく違います。



023.JPG
1b3e0520.JPG







これはみんな知ってるよね。

純正にはGの刻印が・・・・・・・・・reproにはない。

reproでもGマークがあるものがあるらしい・・・・・・。

純正にこだわる人は注意が必要。




aab79c5d.JPG







ここで改めて上の写真をみたらどちらが純正かどうか、すぐ見分けがつくよね。

こうやって見るとパッと見一緒。だけど全然別モノでした。

だけどreproが悪いわけじゃない!!!!人それぞれの価値観で方向性が変わっていくだけ。

reproで十分だし、こだわったらキリがないよ・・・・・・・お金もね・・・・・。

だけど昔の純正はカッコイイよね。なんかプレスでガチャン!!!!だけではなくて、一生懸命つくりましたよ感がにじみ出てる・・・・・。

やっぱり昔のものがいい!!!!今にない味があるよね~。俺のサイドバルブには古いものが似合う。

ちょっとこだわってみましたシリーズ第2弾、乞うご期待。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら