忍者ブログ

管理人 1946UL乗り。 ハーレーに乗り続け10年あまり。 レザークラフト、アメリカン雑貨、嫁を愛し続ける此処小田原での出来事を紹介。 のんびり見てね~・・・・・。
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

01.12.18:13

ガレージ製作 続き

ガレージ製作もちょこちょこやってまーす。

前回は

これね。断熱材を壁全面に入れ込みます。

ガレージ製作で検索して見に来る人もちらほらなんでちょっと細かい寸法も

書こうかな。

まず断熱材の厚み20ミリ前後がベスト。25ミリもあるけどちょっと厚い。

イナバのガレーディアは外壁が鉄板のペラペラなんでこの上に合板を

張る人は横に桟を入れましょう!!

こうやってね。

本来棚なんかを付ける桟が縦についていますが、それに直行させて桟をいれます。

するとかなり強度が出ます。鉄板はベコベコしません。

桟のピッチですが、455ミリ間隔で入れました。

余裕のある人は303ミリピッチで入れましょう。さらに強度が上がることでしょう。

桟の寸法は30×40ミリの材料が良い。業界用語でいうとインニッサンってやつです。

で、コンパネを張っていきます。

今回の合板は12ミリ×910ミリ×1820ミリってやつを使います。

業界用語でいうとサブロクのヨンブってやつです。

天井まで届きません。

予算に余裕のある人は2430ミリの合板を買いましょう。


こうですね。そうするとかなり強度が出ます。

イナバの物置100人乗っても大丈夫が売りですが、200人ぐらい乗れるようになります。

そしてポイントは

桟の上にコンパネを張るので、

断熱材とコンパネの間に隙間ができます。これが自分にはポイントです。

業界用語でいうと・・・・・なんていうんでしょう??

ここに空気層があることにより空気の出入りが少々あり結露防止にもなるでしょう。

今日の所はここまで。

おいおい。この工事いつまでかかるんだ???

ん~あと半年はネタには困らないでしょう。

てな感じで、さいならさいなら。


あ、先週の連休は何十年ぶりかでスケートしました。

息子を助ける余裕なんてない。立ってるのがやっと。

子供たちも元気になってよかったよかった。
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら